8話のネタバレ

人をダメにするちょいブス8話のネタバレ

人をダメにするちょいブス8話のネタバレを紹介中です。
1話から見たい人はこちら見ることができます。

第8話 ちょいブスはダメな男も巨乳で癒やして励ましセッ○スしてくれる

あーあ・・・

今日の面接も散々だったな・・・

大学4年生になり、就職活動がラストスパートにさしかかった。
周りが次々と就職先を決めていく中で、俺はいまだに内定のひとつも出せずにいた。

 

一番努力したことは??

とか聞かれるが・・・
この一年間は、祥子とヤってばっかりだったし・・・

はあ・・・

またエントリーシート、書かないとなあ。

 

 

「あ、おかえりなさい。拓巳さん」

 

早めに就職が決まった祥子は、俺の就職活動をサポートするため、家事の一切を引き受けてくれていて、このころは半ば同棲状態のようになっていた。

 

「はあ・・・もう、疲れた・・・」

俺はため息をつく。
すると、

「そ・・・そうだ・・・拓巳さん」

彼女は服をまくった。

 

 

「今日も、おっぱい、いりますか?」

ぶるんと胸があらわになる。

 

 

目の前には、巨乳。

本当は、やるべきことがたくさんあるってことは、わかっていたのに・・・
気がつくと俺は、祥子の胸を赤ん坊のようにしゃぶっていた。

 

「いいですよ、好きなようにして」

 

彼女の肉体は、癒してくれる。

 

俺のすべてを、包み込んでくれる・・・
おっぱい、最高・・・

 

「拓巳さん、赤ちゃんみたいです・・・落ち着きますか??」

 

「祥子・・・ごめんな・・・こんな、ダメな彼氏でさ」

 

「そんなことありません。拓巳さんよりステキな人はいませんよ」

 

 

彼女は下着を脱いだ。

 

「下のほうはもう元気ですね。拓巳さんは動かなくていいですよ」

 

 

彼女のほうから積極的に動いてくれる。かなりセックスがうまくなったもんだ。

 

 

「拓巳さん、好き!大好き!!」

 

身体だって前よりさらにエロくなってるし。
なんかもう、就職とか、どうでもよくなってくる・・・!

 

 

エントリーシートも書かず、そのまま寝てしまった。

そして翌朝。

急いでエントリーシートを書こうと思ったのに・・・
起きるなり、彼女がフェラしてくれていた。

 

まあ、夜でいっか。
俺は彼女からの快感に身をゆだねた・・・

 

>>9話(最終話)のネタバレ